絶対に失敗したくない事故物件の買取!おさえておくべきポイントなどを詳しく解説します

当サイトでは絶対に失敗したくない事故物件の買取に関して、押さえておくべきポイントなどを詳しく解説しています。
これから売却を考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
事故のあった物件を買い取っている業者の選び方もご紹介しています。
数ある中から、どの会社を選ぶべきか迷う場合に役立つでしょう。
また事故のあった物件を業者に売却する際の注意点にも触れています。
後悔することのないよう、事前に確認しておくのがお勧めです。

絶対に失敗したくない事故物件の買取!おさえておくべきポイントなどを詳しく解説します

事故物件の買取業者を利用する際のポイントを知っておきたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
事故物件を売却するときにはまず見積もり依頼し、査定額を伝えてもらう必要があります。
そして契約内容に納得出来れば売却するのがお勧めです。
事故物件の場合は仲介の場合、なかなか売れないことも少なくありません。
そのためもし早く売りたいと考える場合には、仲介ではなく直接買取している業者をえらぶのがおすすめです。

買取前に事故物件の需要と相場をおさえておこう

事故物件を実際に売却する前に需要と相場について把握しておくのは大切なことになりますが、基本的に通常の物件よりは不利な状態になると考えておいて問題ないです。
事故物件では誰かが何かしらの理由で亡くなっていることになりますから、その時点で買いたいと考える人は少なくなると想定できます。
同じような条件で販売されている物件で、片方は誰かが住宅の中で亡くなっていたとなると、基本的にはそのような問題が起きていない物件の方に買主は殺到するはずです。
この点は人間の心理的な問題になるので、どうしても避けることはできませんから、同じような立地条件の物件でも事故物件になると、2割ぐらいから半額程度まで相場の価値は落ちると考えられます。
ただ安くなることで一定の需要は存在しますから、買取を依頼することは難しくないです。
ある程度の価値が落ちた状態で売却をすることになるので、その点は事前に理解しておいたほうがスムーズに話し合いが進むと考えられます。

事故物件の買取の大まかな流れとは?

事件や事故で住居者が亡くなった事故物件でも、買い取ってもらうことは可能です。
事故物件の買取の大まかな流れは、まず買い取り業者に査定を依頼して買い取ってもらう業者を選びます。
ポイントは1つの業者に査定を任すのではなく、複数の業者に依頼することです。
業者のなかには、訳アリ物件を専門に扱っている業者もあります。
問い合わせの方法は電話やメール、Webサイトなどから簡単にできます。
買い取り業者を選ぶポイントは、査定額のほかに豊富な買取実績や弁護士と提携しているかを確認することです。
買い取り業者が決定したら、業者から詳しい売却価格を提示してもらいます。
売却価格は物件そのものの価値で決まるわけではなく、立地や事故物件となった原因なども含めた価格になります。
事故物件は、通常の物件から2割から5割下げられることが多いです。
売却価格に納得したら、売買契約です。
売買契約には権利証や実印、印鑑証明書などが必要になります。
そして、売却価格が入金されて物件を引き渡し、買取が完了します。

事故物件を高く買い取ってもらうためにしておくこと

事故物件を高く売却することは、一般的には難しいと言われています。
「それでも少しでも高く売りたい」という場合は、どのような対策をするべきでしょうか。
まず、どのようなケースであっても原状復帰レベルの清掃を行うことが必要です。
場合によっては、特殊清掃業者の力も借りることになります。
高額査定を狙うためには、まずこの作業が必須です。
さらに事故物件を高額に売るためには、本来の不動産の価値を正しく知ることが大切となります。
事故がなく通常の場合であれば、どのくらいの価格の物件であったかを調べるには、不動産鑑定士の力を借りることが最も信頼性の高い方法です。
鑑定料はかかりますが、本来の価値を正確に算出することが出来ます。
この価格を把握すれば、不動産会社と交渉する際に力強い材料となります。
事故物件がいくら低い値段の物件であると言われても、それは適正価格から2割最大で5割マイナスになるというものです。
相場とその根拠を把握しておけば、上手に交渉することが出来ます。

事故物件の買取は早急に決めず期間を置くことも大切

自分が所有している不動産で事件などが起きると、事故物件になってしまうことがあります。
事故物件になってしまうと早く手放したいと考えてしまうようなケースも珍しくありませんが、早急に判断して行動に移してしまうと安く売却することになってしまう可能性が高いです。
基本的に最初は冷静になるのが大切であり、少し時間が経過をしてから行動に移すと価値が上がるようなこともあります。
事件などが起きてすぐはニュースなどで放送されているようなこともありますから、多くの人から注目されているということも考えられます。
そのような状況で買取を依頼すると査定額が下がるような傾向がありますから、世間からの関心が薄くなる頃合いに買取を依頼することで高値で売却できるような可能性も高いです。
専門的なサポートをしてくれるところに相談をすることで、そのような点についても冷静に判断することができますから、自分だけで悩むのは危険だと考えられます。

著者:佐伯由美子

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
事故物件専門の不動産業者に勤務。
事故物件買取のポイントをまとめました。
事故物件 買取 福岡